介護士の給料って一体どれくらいなの?【給料を上げる3つの方法も解説します】

お知らせ

介護のお仕事ラボがおススメする、介護専門のお仕事紹介【キララサポート介護】 では高収入求人をはじめとする介護の転職情報がもらえます!

「LINE」でも簡単に情報収集が出来ます!実際の満足度も高いのでまだ知らない方はぜひチェックしてみてください。

\こちらからどうぞ/

介護士の給料について気になっている人は多いと思います。

中には「介護士の給料が低い」と聞いたことがある人もいるでしょう。

そこでこの記事では、介護士の給料は一体どれくらいなのかということを解説し、給料を上げる方法についても説明していきたいと思います。

介護士の給料って一体どれくらい?

介護士の給料は、月に22万円前後が平均となっています。

これをボーナス等を含む年収に換算すると、大体350万円前後が平均となります。

この現実を見てどう感じるでしょうか。

一般企業の平均年収は、大体420万円前後ですので比較すると確かに介護士の給料は低いという事になります。

しかし、この350万円前後というのは、あくまでも平均額です。

介護士の給料は特に施設種類ごとの違いが大きく、

  • 特別養護老人ホーム
  • 介護老人保健施設
  • 有料老人ホーム

などの24時間稼働している施設では夜勤がある為、給料水準は上がることが多いのも事実です。

給料を上げる方法は?【短期・中期・長期別】

続いて、介護士の給料を上げる方法について、短期・中期・長期に分けて詳しく解説していきます。

【短期】給料の高い施設に転職する

手っ取り早く給料を上げるならば、先ほど解説したように給料の高い施設を選んで転職してしまう事です。

月に2万円~3万円程の給料を上げたいのであれば転職で解決する事が出来るでしょう。

では「給料が高い施設はどう探せばいいの?」

という事になりますがリッチマン介護という求人サイトが高給与の介護求人に特化しています。

リッチマン介護については下記の記事で詳しく解説しています。

【中期】資格取得を目指す

給料に直結する代表的な介護資格としては以下の3つが挙げれます。

  • 介護職員初任者研修
  • 実務者研修
  • 介護福祉士

このうち、上記2資格は実務経験が必要ありませんので基本的に取ろうと思えばいつでも取る事が出来ます。

これらの資格を取得していると、給料が月に5千円~2万円程アップします。

また、3年間の実務経験は必要になりますが、介護福祉士という国家資格を取得することで、無資格者と比べて月収が4万円程アップします。

多少時間はかかってしまいますが、必要な資格を少しずつ取得していくことで年収を上げることが可能になります。

【長期】キャリアアップする

そして将来的に給料を上げていくには、キャリアアップをするということも大切になります。

ここでのキャリアアップというのは、昇進するという意味です。

もちろん、「昇進します」と言っても簡単にできるものではなく、

  • 上司からの推薦(相性の良し悪し)
  • 役職のポストが空いているか

などの不確定要素も絡んできますが、昇進を意識して毎日コツコツと努力をして経験を積むことで、昇進への道は近まるでしょう。

仮に役職を貰うことができると、基本給が上がるだけではなく、各種手当が付く場合があるため高収入を狙うことができます。

なお転職する際などもマネジメント経験等は評価されますし、交渉次第で前職の給料を引き継ぐ事が可能になります。

給料だけじゃない?見直したい介護士のメリット

介護士の給料というのは、一般企業の社員と比べるとそこまで高くありません。

しかし、介護士を希望する人というのは非常にたくさんいます。

では、なぜ給料がそこまで高くないのに、たくさんの人が集まるのでしょうか。

その理由について、詳しくみていきましょう。

やりがいを感じられる

まずはやりがいがあるということです。

介護士という職業は、高齢者とかなり近い距離にいるため、高齢者の生活をサポートできているという達成感を身近に感じることができるのです。

そして、直接「ありがとう」と言ってもらえる喜びがあります。

将来性を加味している

現在も少子高齢化ですが、今後さらに加速していくことが予測されます。

つまり、高齢者の人数が増えるということですので、介護士の需要が上がり、給料も比例して上がる可能性があるのです。

その点を加味して今のうちからキャリアを積んでいる方も多くいらっしゃいます。

手に職が就くので失業のリスクが低い

介護士は経験と知識、それから資格が物を言う仕事ですのでキャリアさえ積めば職に困る事はありません。

先ほど紹介したように介護の資格の中には実務経験不要で取れるものもあるので、

介護の仕事をしていない人でもとりあえず資格だけ取っておくという方もいらっしゃるくらいです。

このように介護士は比較的安定した仕事とも言えます。

プライベートでも使える知識が身に付く

高齢者の介護というのは、自分自身にとっても勉強になります。

例えば親の介護、その時に少しでも知識と経験があれば、

効率よく介護をすることができ、快適な生活をさせてあげることができるようになるのです。

まとめ

いかがでしょうか、今回は介護士の給料に着目していきました。

介護士の給料というのは、一般企業に比べるとそこまで高くありません。

しかし、

  • 給料の高い職場に転職
  • 資格取得を目指す
  • キャリアアップする

などの方法によって、給料を上げることもできるのです。

また、今後はもっと高齢者が増えて、介護士の需要が高まっていきます。

そのため、できるだけ早く経験と知識をつけて、キャリアを積み上げていくことが大切になるのです。

とはいえ、決して簡単な仕事ではないため、仕事内容などをしっかりと確認して、覚悟を持って挑戦することをおすすめします。