小規模デイサービス(地域密着型通所介護・民家型デイ)開設時の物件の探し方

お知らせ

介護のお仕事ラボがおススメする、介護専門のお仕事紹介【キララサポート介護】 では高収入求人をはじめとする介護の転職情報がもらえます!

「LINE」でも簡単に情報収集が出来ます!実際の満足度も高いのでまだ知らない方はぜひチェックしてみてください。

\こちらからどうぞ/

どうも!佐久間(@kaigo_webwriter)です。

今回はデイサービスの物件(賃貸の場合)の探し方についての記事を書いていきたいと思います。

これからデイサービスの開設を考えている方などの参考になれば幸いです。

基本的な物件の探しの流れ

物件の条件を決める

まずは必要面積等の条件や、開設しようとするデイサービスのコンセプトに合わせて、事前に物件を選定する条件を決めていきます。

ちなみに僕が探していた物件の大まかな条件は以下。

✔食堂兼機能訓練室として使える広いスペースがある事(10名定員)。

✔駐車場が1台以上ある事。

✔キッチンと浴室がある事。

✔家賃15万円以下。

条件に合わせた物件を探す

物件の探し方は3つほどあります!

開設を考えているエリアの不動産へ直接訪問する

デイサービスとして使用可能で、広さや設備などの条件も満たしているような好条件の物件はなかなかすぐには見つからないと思います。

もし不動産へ直接訪問する場合は、あらかじめこちらの条件を伝えて置き、条件に合致する物件がある場合にすぐに連絡をもらう形で依頼をしておくと良いです。

経験上、好条件の物件は人気があり、空きが出てもすぐに借り手が見つかってしまう事が多かったのでスピード命です。

不動産の方へお伺いした所、大体の不動産会社がインターネット上にも物件情報を登録していると言っていましたので、出来る限り不動産の方との関係性を深めるなどをして、新着情報をいち早くゲット出来るかがポイントとなります。

インターネットで探す

物件の情報サイト等にて、エリアや広さなどの条件で絞り込みながら探していきます。

ここでもやはり好条件の物件は取り合いとなるので、情報サイトの更新のタイミングを把握していく事がポイントとなります。

問い合わせる際は、まずデイサービスとして使用可能かどうかを確認するようにしましょう。

代行サービスを利用する

介護物件を調査してくれる代行サービスを使うという手もあります。

ちなみに僕は費用を抑える為に代行サービスは使用しませんでした。

物件を探す時間がないよという方は利用を検討してみてもいいかも知れません。

内見から契約まで

物件は契約する前に市役所へ確認しに行きます、場合によっては不動産側が確認が終わるまで待ってくれる場合もありました。

まずは内見に行く

内見に行く際は、玄関や部屋など様々な個所の寸法を測るようにしましょう。

僕は平面図などに寸法を書き込んだりしていました。

また、指定申請の際に必要となる「検査済証」(建築物及びその敷地が建築基準関連規定に適合している事を証する文書)がある事は必ず確認しましょう。検査済証の写しは必須になります。

市役所等へ確認する

寸法を書き込んだ平面図などがあれば、事前に市役所等で見てもらえるケースがあります。

また、事前に確認するべき事項はそれ以外にも都市計画法や消防法などについても多岐にわたりますが、僕の場合は市役所等で、確認を取りに行く場所の一覧表を貰えましたので、どちらにしても一度市役所等へ事前相談をしにいく事が重要です。

確認中の期間については、不動産側にその旨を伝えると一定期間物件をキープして貰える事もあるので交渉していきましょう。

不動産契約を行う

デイサービスとして使用する為の指定申請には早くても1,2か月かかります。

さらに事前に職員を雇用したり、設備を整えたりする必要もある為、デイサービスをスタートする結構前から物件の契約はしておかなければなりません。

フリーレント(家賃が一定期間無料になる)などのオプションが付いている物件を探したりするのも一つの手です。

デイサービス物件探しのコツ

とにかく初期費用を抑える&いい物件があったらすぐにキープする事が重要です!

個人的には賃貸一択

デイサービスを開設する際に、施設を1から新しく建てるような形は初期費用が非常に高額になる為、個人的にはあまりお勧めできません。

極端な話ですが、同じデイサービス(地域密着型通所介護)の介護報酬は新築でも賃貸でも同じです。

居抜き物件が一番良い

元々デイサービスとして運営していた賃貸の物件などが一番おすすめです(なかなか見つかりませんが・・・)

設備面での初期投資を抑えられるだけではなく、指定申請の際も元々デイサービスとして運営していたという事であればある程度安心感はあります。

出来るだけ改装工事をしない

居抜き物件とまではいかなくとも、出来るだけ改装をしないで済むような物件を選ぶことが重要です。

やっぱり良い物件はすぐになくなる

経験上良い物件は本当にすぐに取られてしまうので、ここだと思ったらすぐに内見に行き、キープする事がポイントです。

まとめ

以前、デイサービス(地域密着型通所介護)を立ち上げようとしていた話をしましたが、そこで一番のつまづきになったのが物件が見つからないという事でした。

当時は開設までの費用を少しでも抑えておきたかったので自力で探していました。

僕の場合、最終的に理想の地域に条件を満たすような物件を見つける事は出来ずに断念したのですが、もし同じようにこれからデイサービスを立ち上げるという方がいれば、ぜひ理想の地域で良い物件を見つけて欲しいと思い、今回はデイサービスの物件の探し方について書きました。

今回は以上です。